Visual Studio codeをinstallしてpython環境を整える②

programming

 

python環境を整えていくために4つの拡張機能をインストールします。

これらを入れることで、VScodeでpythonを動作・確認することができます。

 

Extension for Visual Studio Code – Linting, Debugging (multi-threaded, remote), Intellisense, code formatting, refactoring, unit tests, snippets, and more.

情報源: Python – Visual Studio Marketplace

Extension for Visual Studio Code – Run C, C++, Java, JS, PHP, Python, Perl, Ruby, Go, Lua, Groovy, PowerShell, CMD, BASH, F#, C#, VBScript, TypeScript, CoffeeScript, Scala, Swift, Julia, Crystal, OCaml, R, AppleScript, Elixir, VB.NET, Clojure, Haxe, Objective-C, Rust, Racket, AutoHotkey, AutoIt, Kotlin, Dart, Pascal, Haskell, Nim, D

情報源: Code Runner – Visual Studio Marketplace

Extension for Visual Studio Code – Syntax highlighter for cutting edge Python.

 

情報源: MagicPython – Visual Studio Marketplace

 Extension for Visual Studio Code – Python language extension for vscode

情報源: Python for VSCode – Visual Studio Marketplace

 

これらをインストールすると準備は完了です。

 

実際にpythonのファイルを作る方法です。

「新しいファイル」→「ファイル名.py」

です。

拡張子として「.py」を付けることを忘れずに・・・

 

ファイルの実行は

Ctrl+Shift+P(同時押し)でコマンドパレットが開く

「python select interprefer」を検索→Anacondaが選ばれていることを確認

作成したファイルに戻り、右クリックして”ターミナルでPythonファイルを実行”をクリック

下部にターミナルが開かれて実行結果が出力される

(F5キーでも実行される)

 

デバッグ

虫にバツマークがついたアイコンをクリック

設定ボタンクリック

”Python”を選択

launch.json

”configurations”:[
{
“name”: “Python: Curren File”,
‥‥
“program”: “${file}”,
“sopOnEntry”: true,  #←この行を追記

保存して、pythonファイル上でF5キーで実行

もう一度F5キーでブレークポイントまで実行

F10キーであれば、黄色矢印の行のみ実行

ブレークポイントは目的の行にカーソルを持っていきF9ボタンでブレーク
または行にカーソルを持って行ったあと、●のアイコンをクリックでブレーク

詳細は以下の公式サイトから

Details on configuring the Visual Studio Code debugger for different Python applications.

情報源: Debugging configurations for Python apps in Visual Studio Code

コメント

タイトルとURLをコピーしました